お手玉

先月受講したバスティン・パーフェクトセミナーの時に注文して
おいた ”お手玉” が届きました。

二本柳奈津子先生による講座で、「導入から ”響き” にこだわる
ピアノレッスン」という内容でした。

音の響きを大切に演奏するために、無垢な耳、感性の導入期の間に
沢山の音を聴かせながら言葉かけをする、音の違いがわかる耳を
育てることが大切であるとお話されました。

そしてそのためには奏法を見直さなくてはなりません。

腕に余分な力が入ってしまっていると硬い音になったり、また指が
しっかりしていないとふわついたぼやけた音になってしまいます。

そこで、先ずはじめに腕の力みをほどいて行く指導法として
お手玉、リボン、フランスパンの道具を用います。

お手玉
お手玉です ト音記号や音符の
アップリケがカワイイ(^^♪

お手玉は、腕の重みを感じながら、重さを利用して楽器を響かせる
のを体感できる道具です。

腕の脱力をピアノと無関係なところでやると、子供たちは面白がって
やってくれそうです。

今週からレッスンで生徒たちにお手玉を使ってもらいました。

効果が出るかな?

焦らず続けさせてみるつもりです。



スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR