素晴らしかった初リサイタル

一昨日は、えりかちゃんのピアノリサイタルを聴きにルーテル市ヶ谷ホールへ行って来ました。
12月に入り、ホールはクリスマスの雰囲気です。

ルーテルのクリスマスツリー

十字架のある珍しいホールです。

ルーテル市ヶ谷ホール

プログラム

モーツァルト:アレグレットによる12の変奏曲 変ロ長調 K.500
尾高尚忠:ピアノのためのソナチネ(1940) 全三楽章
平尾貴四男:ピアノソナタ(1948) 全三楽章
ドビュッシー:映像 第1集、第2集
ラヴェル:ラ・ヴァルス

今回のプログラムは、彼女が幼い頃に学んだモーツァルトの他に、日本の作曲家の作品と彼女が大好きなフランス音楽です。

開演を楽しみに待っていると、サーモンピンクのドレスを来たえりかちゃんがステージに現れました。

ほの明るい照明のステージの中で、演奏が始まりました。
1曲目のモーツァルトは、明るい音色の弾ける様な旋律が飛び交い、コロコロと滑らかなタッチで、しかも無邪気で楽しそう。

2曲目、3曲目は、初めて聴いた曲ですが、日本的な旋律も聞こえ、楽しめました。

後半は、水色のドレスで登場。
ドビュッシーやラヴェルも素晴らしく、アンコールのフォーレは心に残る演奏でした。

えりかちゃんと
リサイタル終了後 記念の1枚

私は、えりかちゃんが小学校4年生の時から知っています。
ピアノがとても上手なのねと思って、中学1年生の頃には、その類まれな才能を感じていました。

えりかちゃんは、将来最も期待される若手ピアニストの一人と言えましょう。
彼女の今後のご活躍を楽しみにしています。


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
こちらをクリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

comment

Secret

教室のご案内

プロフィール

chika

Author:chika
上野学園大学卒
全日本ピアノ指導者協会会員
好きな作曲家:ショパン、ベートーベン
好きな色:ピンク、紫
ピアノ指導歴28年、バラ歴13年

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR