ベーゼンドルファーを弾いてきました

中野区本町のハーモニータワー1Fに、ベーゼンドルファー東京があります。
そこのスタジオで、ベーゼンドルファーのモデル「Model 290 Imperial (97鍵盤)」を弾いてきました。

ベーゼンドルファー1

ベーゼンドルファー2

このモデルは、標準の88鍵の下に弦が張られ、97鍵の鍵盤を持つピアノとして有名です。
その始まりは、ブゾーニがJ.S.バッハのオルガン曲を編曲した時に、低音部に標準のピアノでは出せない音があったためと言われています。

ベーゼンドルファーについて、詳しくはこちら

至福の音色でした。


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
こちらをクリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

ベーゼンドルファー素敵ですね✨
左下の黒い鍵盤はいかがでしたか?
スタインウェイとは違う深みがありそう。

No title

左下の9つの黒い鍵盤、弾かないで帰って来てしまいました。
残念・・・
Secret

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR