人前で演奏するということ

一般的に人前での演奏は、ちょっとドキドキしちゃいますよね
いつも通り平常心で弾ききってしまう人もいますが・・・

子供たちには、その緊張した中で演奏する経験をしてもらおうと、先日練習会(リハーサル)を自宅のレッスン室にて行いました。

発表会の3週間~4週間前にこの練習会(リハーサル)を設定します。
この日までに曲が仕上がるように頑張らせます。
もちろん暗譜で

練習会は、グランドピアノの蓋を全開して、なるべく本番に近い形で行いました。(発表会当日もホールでリハーサルを行います。)

生徒さんは、皆の前で本番のつもりで演奏するわけですが、近くで聴かれているという意識が刺激になる様です。

全員弾き終わって最後に感想を聞いたら、「家では間違えちゃった。ここでは緊張したけど、うまく弾けた。」と言う子もいました

人前で演奏するということ・・・

自分がその曲を沢山練習して、上手く弾けるようになったら・・・
楽しいし、嬉しい!

そうすると、人間とは不思議なもので、今度は誰かに聴いてもらいたい、聴かせてあげたいという欲求が生まれるみたいです。

人前で演奏することが、喜びになる

ピアニストと言われる人たちは、皆そうなのかも知れません・・・


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
こちらをクリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR