久し振りのマイレッスン

すっかり秋らしくなってきた今日この頃ですね

久し振りに自分のレッスンに行って来ました。

前回に引き続きバッハとショパンをみていただきました。

バッハは、4声のフーガ ようやく曲らしくなってきました。

先生にアドバイスしていただいたところ・・・

曲の出だしのテーマは、木管楽器のように柔らかい音色のタッチで、ファ→レのところは和声を感じて広がりふくらむように。

各声部のテーマを明確に弾くこと。

指の関係で音が切れてしまうところは、ペダルを使っても良い。

曲の後半は、テーマのモチーフが次々と出てくるのでそこを出すように。

そして曲の終わりは、クレッシェンドしながら高揚していき、最後にテーマがきて輝かしく壮大に締めくくるように。

etc. 細かいところまでご指導していただきました。

(J.S.バッハ:「平均律クラヴィーア曲集」 第1巻 第17番)

ショパンについては、機会がありましたら書きますね(^^♪

先生との対話の中で、今は沢山の曲をがむしゃらにこなすよりも、月日をかけてじっくりとその曲と向き合い取り組むことも良いかも知れないと話しました。

一度やった曲を一旦ねかせて、他の曲をやったあと再び前の曲をさらってみる・・・

そうすると前にやっていた時よりも、楽に上手く弾けてしまうこともあるそうです。

この日のレッスンもとても充実していました。

その日の自分の演奏の出来にかかわらず、横山真子先生のレッスンを受けて帰って来ると、いつも満たされたすがすがしい気持ちになります。

学ぶことの大切さを改めて感じました。

チャイコフスキー2
秋にも咲いてくれるバラ
チャイコフスキー


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
こちらをクリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR