岳本恭治先生の脱力奏法セミナー

ピアノ演奏において、永遠のテーマである脱力奏法。
脱力に関してのセミナーは、今までにも色々受けてきました。

今回は、岳本恭治先生のセミナーです。

講座内容

ピアノの構造と知識
手の構造と知識
脱力奏法を身につけるための実践
脱力奏法のためのトレーニング法
テクニック別の練習法


ピアノ・脱力奏法ガイドブック
岳本恭治先生の書かれた「ピアノ・脱力奏法ガイドブック」

セミナーでは、ガイドブックのVol.1を使用。
脱力奏法=合理的奏法
について実例を交えながらご紹介していただきました。

ピアノの鍵盤の
深さは約10mm (1cm)
重さは約50g

ピアノは、鍵盤が上がってくる時が大事。
弾いて、鍵盤が戻ってくる抵抗感(アップリフト)を感じる。
鍵盤を戻す時に、力を抜く(脱力する)のです。
くれぐれもハイフィンガー奏法にならない様に気をつけること。

腕の重さを知り、腕を脱力させるトレーニングも行います。
手のフォームは、ショパンが提唱した長い指(2指、3指、4指)を
黒鍵に置くポジションが安定しています。
等々・・・・・

今回のセミナーでは、竜宮城の入り口に入ったところ・・・
脱力奏法セミナーは、まだまだ先があり奥が深いです。


ピアノ教室PHRぐる~ぷでピアノを始めませんか?
生徒さんを募集しております。
体験レッスンもありますので、是非一度お越し下さいね。
教室HPはこちら
http://phr-group.heteml.jp/piano-lesson/


今日もブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
こちらをクリックして応援していただけると嬉しいです!
 ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR